過ごし方

茜さす 肥前浜宿の過ごし方ページ
  • お酒が好きな私たちは、
    酒蔵で有名な肥前浜宿で
    地酒を思いきり味わいたいと計画していた。
    宿を目指して歩いていると、
    ほのかに鼻を掠める酒の甘い香り。
    立ち並ぶ酒蔵の軒が静かに
    私たちを歓迎するかのように佇んでいる。

    この日の休日は 夫婦で佐賀の肥前浜へ。

    一歩足を踏み入れれば、
    そこは日常から切り離された
    私たちだけの時間と空間。

    長い時が刻まれた 歴史的建造物

    長い時が刻まれた 歴史的建造物

    縁側に出て まずは日本酒で乾杯。

    おつまみを添え、お好きな味を
    心ゆくまで味わう時間は極上のひととき。
    棚に並んだ色とりどりの佐賀の焼き物も
    目を楽しませてくれる。

    縁側に出て まずは日本酒で乾杯。

    縁側に出て まずは日本酒で乾杯。

    縁側に出て まずは日本酒で乾杯。

    目にも美しい料理は素材の味を引き立たせ、
    上品な味わいにふたりの間で笑みがこぼれる。

    地域の人々に愛される 割烹料亭の会席料理。

    割烹 清川

    大正二年創業の老舗割烹 清川。
    四季折々の旬の素材を活かし、伝統を受け継ぎながら一品一品真心を込めたお料理の数々。旅の1ページを彩る瞬間を最高のお料理でおもてなしいたします。

    お食事

    橙の明かりに包まれて愉しむふたりだけの晩酌。
    今日の二人はよく笑い、会話が弾む。
    時計もテレビもない空間に
    二人だけの時間が流れていく。

    外の世界から 切り離されたような古民家。

    爽やかに檜が香る湯船で過ごす、 ひとりの時間。

    ライトアップされた中庭を
    眺めながら浸かる贅沢で、
    心までほぐれていく。

    爽やかに檜が香る湯船で過ごす、 ひとりの時間。

    爽やかに檜が香る湯船で過ごす、 ひとりの時間。

    爽やかに檜が香る湯船で過ごす、 ひとりの時間。

    寝付くにはまだ惜しい時間。

    こんな夜は読書に相応しい。
    本棚から気の赴くままに、
    本を手に取りベッドへ向かう。
    ほんの少し、窓を開ければ
    静寂を彩る虫の鳴き声が耳に心地良い。

    寝付くにはまだ惜しい時間。

  • いつもと違う天井に、
    まだ特別な旅が続いていることを実感。
    起き上がると爽やかな空気が心を満たし、
    温かさが身体に染みわたっていく。

    差し込む朝日に目を覚ます。

    からだにやさしい朝食。

    老舗割烹から届く、ささやかな贅沢。
    滋味あふれる料理がじんわりと
    身体に染みわたる。

    からだにやさしい朝食。

    からだにやさしい朝食。

    からだにやさしい朝食。

    割烹 清川

    大正二年創業の老舗割烹 清川。
    四季折々の旬の素材を活かし、伝統を受け継ぎながら一品一品真心を込めたお料理の数々。旅の1ページを彩る瞬間を最高のお料理でおもてなしいたします。

    お食事

    この宿で過ごす時間は、穏やかな日常の
    延長のようで、新鮮な体験であった。
    このような時間はかけがえのないものだと
    気づかせてくれた。
    またいつか戻って来られる日を想う。

    迫るチェックアウトの時間に 募る名残惜しさ。

    旧乗田家住宅

    鹿島鍋島藩に仕えた武士「最所(さいしょ)家」の武家屋敷です。
    19世紀初期の住まいと推定され、後に最所家から乗田家に所有が移りました。武士らしい建物が見られる一方で広い土間や畑もあり、武士でありながらも農業に従事していたと推定されます。場所は肥前浜宿の酒蔵通り近くにあり、建物の中を無料で自由に見学することができます。

    View more

    今日の観光は酒蔵見学から。

    地酒を試飲し、酒造りを体験すると、
    益々深まる地酒への関心。
    終わった後は日本酒、リキュール、焼酎、
    何でも揃う種類豊富な売店で
    じっくりとお土産を探せば、
    大切な人の喜ぶ顔が目に浮かぶよう。

    今日の観光は酒蔵見学から。

    今日の観光は酒蔵見学から。

    今日の観光は酒蔵見学から。

    観光酒蔵 肥前屋

    肥前浜宿の酒蔵通りにある酒蔵です。観光酒蔵として観光客に蔵の中を開放しており、お酒の試飲と販売を行っています。
    「光武酒造場 光武蔵」の日本酒と焼酎も販売しています。予約不要で酒蔵見学が可能で、昔懐かしい人形や電化製品などを展示した「昭和の部屋」も自由に見学できます。

    View more

    タクシーで 少し離れた神社へ。

    鮮やかな朱に染まった楼門を抜けると
    現れたひときわ立派な本殿。
    祈願する間、厳かな空気に身が引き締まる。
    帰り際、もう一度本殿を見上げれば
    改めて造形の美しさに心を奪われる。

    タクシーで 少し離れた神社へ。

    タクシーで 少し離れた神社へ。

    タクシーで 少し離れた神社へ。

    祐徳稲荷神社

    京都の伏見稲荷大社、茨城の笠間稲荷神社と共に「日本三大稲荷」に数えられている神社。 年間の参拝者は約300万人にもなり、本殿の先には奥の院へ向かって朱色の鳥居が続き、奥の院からは有明海まで一望できる絶景が広がります。四季が非常に豊かな神社で、春は境内を桜が彩り、秋にはモミジやイチョウが紅葉します。

    View more

    お酒に精通したスタッフの
    おすすめ地酒で過ごす時間が、
    特別な旅の締めくくりを飾る。
    電車の時間まで、あと少し。

    肥前浜駅で列車を眺めながら 最後の乾杯。

    HAMA BAR肥前浜駅

    2021年1月にオープンした全国で初めての駅ホーム直結の日本酒バー。窓越しに列車を眺めながら、鹿島の地酒を味わうことができます。
    乗車ギリギリまでゆったりとお酒を堪能することができます。

    View more

PROMOTION MOVIE